お知らせ記事一覧

今回の台風の影響

今回の台風で、1番の打撃を受けてしまったのは千葉のようです。 いまだに停電、断水が続いている地区があり、店舗では食料やライト類などが品薄の状態が続いているようです。 ガソリンスタンドも長蛇の列で、数時間待たなければ給油できないようです。 千葉市内に限ってですが、3.11の震災の時よりダメージを受けている印象です。 停電が続く病院では、死亡してしまった患者さんもいるとのこと。 グリーンエミネンスには、災害時用に大量の備蓄食料、飲用水、毛布などを自主的にストックしております。 また、在宅酸素用のバッテリー、携帯電話などの充電など、援助が必要な方はぜひお気軽…

未曾有の強風

みなさま、今回の台風では大丈夫でしたでしょうか。 ここ、千葉市では最大瞬間風速57mであったとのこと。 4:30ころ、家が数回揺れて地震かと思い起きましたが、ちょうどその時間帯に吹いた風とのことです。 本当に怖かったです。 千葉寺町では、何十年もそこに立っていた太い桜の幹や他の太い木も折れていたり、他太い柱の巨大看板が倒れたりと、通常では考えられない風の強さ出会ったんだと思い知らされました。 場所によっては停電になっている地区もあるとのことで、電車も一切動いておらず、当法人の職員も多数出勤できない状況です。 患者様も来られず、薬がなくて困っている、といったお問い合わせが多数ある状況です。 職員不足、また安全のため、「…

モンゴル人技能実習生の現地面接会

先日、モンゴルのウランバートルで、介護職の外国人技能実習生の面接が行われ、当法人も現地の面接会に参加してまいりました! わが国は、2025年に65歳以上の人口割合が30%を超え、約5人に1人が75歳以上の高齢者という、世界的に見てもとてつもなく異常な状態に突入します。 この危機的状況の中、平成29年度より、外国人技能実習生制度に「介護職種」がようやく追加され、外国人の労働力に頼ることができるようになりました。 しかしながらベトナムなどの国では、すでに労働力への需要が飽和状態になり、外国人労働力の取り合いになっている状況があります。 そこで、今回はモンゴルに着目した日本ケアビジネス共同組合様の組合員として迎え入れていただき、同じ組…

GWの連休が明けると看護実習が始まります。

当院では、何校かの看護学実習を引き受けています。実習を引き受ける以上は全力で実習をサポートする!というのが当院の方針です。 実習指導者も知識に優れているだけではだめです。共に学び合う精神を持ち合わせた者こそが真の指導者であると考えています。 学生さんにとって慣れない場所で実習を行うのはとてもストレスのかかる事です。そんな学生さんのために、日当たりが良く、ロケーションも大変すばらしい控室を用意しております。 天気の良い日は富士山も正面に見えます。冬の夜は東京タワーがつくしのように見えることもあるそうです。 PCや端末機の持込みも考えてコンセントも増設しました。 学びの多い実習になるようにソフト面からハード面に至るまで配慮して実習…