千葉県千葉市中央区にある医療法人グリーンエミネンス

グリーンエミネンス

理事長あいさつ

当院は文学者であり、心理学者でもあった祖父の中村古峡によって創設されました。
明治14年に奈良県で生まれた古峡は、同郷の先輩 杉村楚人冠を頼って上京、一高を経て、東大文学部で心理学を学び、夏目漱石の門下として執筆、著作の傍ら、大正の中頃から品川の御殿山で心理療法を行っておりました。
40歳を超えてから東京医専(現東京医大)で医学を学び、千葉大学医学部で精神医学の研究をする一方、昭和4年、自然環境のよい千葉市千葉寺町に有床診療所を開き、後昭和8年に84床の中村古峡療養所をこの地に開設したのが始まりです。
現在は、中村古峡記念病院に、介護老人保健施設うらら、千葉市あんしんケアセンター千葉寺、千葉市あんしんケアセンター幸町、うらら在宅介護支援センター、古峡みはまクリニックを併設して運営しております。
老人保健施設を始めましたのは、寝たきりに近い高齢の患者様が増えたことにより、スタッフの労力が取られ、精神障害の患者様を手厚くケアすることが難しくなってきたからです。老人保健施設完成後は精神病棟内も活発になり、作業療法、理学療法の充実により治療効果をあげることが出来るようになりました。
また、どちらの施設も私自身が利用したことを想定して施設を設計し、運営に対しては自分の親が利用したら、どのようにしてほしいかを念頭におきケアしていくことを方針としております。家庭で介護することも大事なことですが、設備が整い安心できる施設を利用することは、お年寄りにもご家庭にも精神的、肉体的な負担を和らげ、家庭環境によっても大変重要なことと考えます。
今後ともご利用下さる方の気持ちになって医療、看護、介護を続けてまいります。

 

理事長 中村 周二