千葉県千葉市中央区にある医療法人グリーンエミネンス

院長あいさつ

院長あいさつ

医療法人 グリーンエミネンス
中村古峡記念病院
院長
安田 聖子

 中村古峡記念病院は1929年(昭和4年)開院以来、精神科単科の病院として活動を続け2004年の75周年を機に病棟の全面建て替え工事を行い、2005年12月には240床の療養型病院に生まれ変わりました。内22床は身体合併症を伴った方のための介助浴槽を設置した治療ユニットとしました。さらに2006年以降、外来・病棟部門とも大きく改変し、2008年には病院機能評価の認定を受けました。更に2010年に蘇我駅前(中央区 南町)・2012年に美浜区 幸町と、2か所にそれぞれクリニックを開設しております。前者は主にストレス等による気分の落ち込みや不調など、後者は認知症に伴う諸症状などに対応しております。(詳細は各ホームページもご参照下さい。)

当院の外来では

  1. 女性精神保健指定医による女性のための診察
  2. 臨床心理士によるカウンセリング
  3. リハビリを目的とした整形外科外来の開設
  4. 内科外来の開設
  5. 認知症外来の開設

 病棟では①認知症病棟の開設等、一層の充実を図っております。
これまでも、長期入院の方・高齢者・身体合併症を有する方に対し、リハビリを目的に、作業療法・理学療法に力を入れてまいりましたが、外来の患者様にも満足してご利用頂けるよう様々な治療機器を導入しました。
 外来・入院を通じて一人の患者様に対し、一人の医師がついて治療するという主治医性は存続しています。また、入院中の患者様に対して、主治医・看護師・作業療法士・理学療法士・精神保健福祉士・臨床心理士が集まり、多方面からの治療的アプローチを行っています。それに応えられるよう、医療従事者として従来からの精神・技術面の習得に加え、新知識獲得のため、毎月院内研修会を開催しています。また社会復帰・退院促進にも力を入れ、個別の生活指導を行っています。退院後は、外来治療に加え、地域生活・社会生活のサポートのため、必要に応じデイケアでの治療を行っています。(古峡みはまクリニック開設に伴いデイケア部門は美浜区 幸町に移転致しました。)
 諸事情により来院の困難な患者様のためには、訪問看護・訪問指導・訪問リハビリ等も実施しています。
 心身一如という言葉があります。個人のメンタル面・フィジカル面だけに目を向けるのではなく、全人的な視点から治療することを当院職員のコンセンサスとして、今後も続けて行く所存です。当院への受診のみならず、院内の施設見学にも足をお運び頂けましたら幸甚に存じます。

Call: 043-261-3336